お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  1. 美容や健康に悪影響!スマホ依存症にならないために

美容や健康に悪影響!スマホ依存症にならないために

特集コラム2016/06/08 10:30

スマホ依存症近年、SNSの普及によりどんどん世の中が便利になってきています。しかし、そこで気をつけたいのが「スマホ依存症」です。 スマホ依存症とは、暇さえあればどんな時でもスマホをチェックしてしまうという傾向にあり、朝起きた時や夜寝る前は必ずスマホのチェックをする、手元に常にスマホがないと不安、そして人と話をしている最中でもスマホをいじってしまうような人はスマホ依存症の可能性が高いです。スマホ依存症は肩こりや頭痛、食欲不振など健康に及ぼす害も大きいです。そんなことにならないためにもスマホ依存生活から抜け出しましょう!

猫背の原因になってしまう

スマホをよく活用する人は、どうしても姿勢が悪くなる傾向があります。 それもそのはず、スマホを操作する際は必ず下を見てうつむきがちになるので、自然と猫背になってしまい、それが習慣化するとどんどん姿勢は悪くなっていきます。また、うつむきがちの前かがみな体勢は肩こりや頭痛、さらに胸まで垂れてしまう可能性があるので、スタイル全体が悪くなっていく可能性が大きいです。

睡眠不足に陥りやすい

スマホは確かにとても便利なものに間違いありませんが、一歩間違えると睡眠不足を引き起こしてしまいます。 夜寝る前にスマホに夢中になってしまうと、夜寝るタイミングを逃してしまったり、スマホの画面から放たれているブルーライトが目を刺激してしまい、質の良い睡眠が取れなくなってしまいます。夜なかなか寝たくても寝付けないという人は、寝る前にスマホを長時間いじっていることが原因という可能性もあります。睡眠不足はお肌の大敵です。肌にとって大切な成長ホルモンがしっかりと分泌されないと、肌のターンオーバーも正常に行われないので、夜はしっかりと睡眠の質を上げることが肌にとっては大切ですよ。

頬がたるんでくる

スマホを操作するときのうつむき姿勢が、頬のたるみにつながってしまいます。 うつむき姿勢でスマホを操作するので、顔の老廃物がどんどん溜まっていき、むくみや二重あごなどのフェイスラインの乱れの原因になってしまいます。さらに、うつむき姿勢でのスマホ操作は、血流も悪くなってしまうので、頬のたるみ以外にもニキビなどの肌トラブルの原因にもなってしまいます。

スマホの使用頻度を見直して、生活習慣を正すことが大切です

スマホは便利で毎日使うものだと思うので、スマホの使用を禁止することには無理がありますよね。 そこで、使用頻度を見直すことが大切です。スマホno SNSに夢中になりすぎてしまうと、現実社会での人間関係に影響を与えてしまうこともあると思うので、「スマホの適度な使用」、「使用するときは胸より上で操作する」など、自分なりに意識を持って使用するようにすると美容や健康にもGOODです!

ピンサロ求人サポート トップ一覧に戻る>

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • line

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • フォーム
  • line

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お持ちの身分書※

※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため、年齢や卒業を証明できるものを確認しております。

面接希望日時
お問い合わせ詳細
年齢確認 あなたは現在、18歳以上ですか?
※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため確認しております。

トップへ戻る