お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  1. 生理前のひどい眠気の原因と対策は?

生理前のひどい眠気の原因と対策は?

特集コラム2016/10/03 10:20

PMSに悩む女性毎月訪れる女の子の日…女性にとって生理は厄介な問題ですよね。 生理前になると気分が優れなかったり、カラダがだるくなったりすることがあると思いますが、それは月経前症候群、略してPMSと呼ばれる症状が起こるためです。
生理前になるとカラダがむくんできて眠気を感じてくるのもこのPMSが関係しているのですが、今回はそんなPMSの原因と対策についてご紹介します。

月経前症候群(PMS)とは?

生理前に急激に眠くなってしまう原因は月経前症候群にあると先述しましたが、この月経前症候群とはどんなものなのでしょうか?
生理前の眠気は”プロゲステロン”と呼ばれる女性ホルモンが働くことで起こり、プロゲステロンは基礎体温を上げる働きがあるので、生理前にプロゲステロンが増えると体温が高く保持されます。通常は体温が下がる時に眠気が起こると言われていますが、基礎体温が上がってしまうことで夜に熟睡することができず、翌日の日中に眠気を引き起こしてしまうのです。このプロゲステロンは睡眠薬レベルの催眠作用があるとも言われているので、プロゲステロンの増加量によって引き起こされる眠気のレベルも変わってくると言えます。
その他、PMSが引き起こすことがある症状として、頭痛や疲れ、食欲の増加などが挙げられます。プロゲステロンが増えることで血糖値が低下するため、食欲が増えて過食になることが多く、特に生理前は甘いものを食べたくなることが多くなるようです。生理前に太ってしまった…なんて経験がある方はこのPMSのとも言えますね。

簡単にできる生理前の眠気対策とは?

生理前の眠気を対策できる方法は幾つかありますが、その中でも一番効果が高いのが「仮眠をとる」ことです。
日中に眠気が起これば普段の生活も集中できません。頭がぼんやりとしてカラダもだるい…なんて時には仮眠をとることが一番です!仮眠と言っても20分程度でOKなので、お仕事の休憩中にも可能ですよね!30分以上の睡眠になってしまうと起きる時にだるさを感じてしまうこともありますが、20分くらいの短時間なら起きる時にもだるさを感じずに起きることが可能なのでオススメです!
仮眠をとることでこの生理前の眠さを解消することができるので、生活の合間を見て仮眠をとりましょう。なかなか寝れない!なんて時は目を閉じているだけでも脳を休ませる効果があるので試してみましょう。
その他、簡単にできる眠気対策には、手や首を冷やすこともオススメです!
人間は眠くなる時、手や足、首などの体温が高くなっていることが言えるので、眠気を感じた時は冷水で手を洗う、または冷たいタオルなどを首などにあててみることでも眠気解消の効果を得られると思うので仮眠をとるのが難しい場合は試してみてください!

生理前は生活習慣を整えましょ

生活習慣を整えることはとても大切なことです。特に生理前はプロゲステロンの働きによって眠りにつくのが難しくなると思いますが、眠りに就けなかったとしても質の良い睡眠をとればPMSの症状を少しでも緩和できます。
夜はテレビやスマホなどを無意識に使用してしまいがちですが、テレビやスマホから放たれているブルーライトを浴び続けていると睡眠の質が下がる原因にもなってしまうので、生理前の夜はできるだけテレビやスマホ、パソコンなどから離れることがベストになります。
対策はしてるけど、どうしても眠さが収まらない!なんて時には専門の医療機関を受診してみることも一つの手段ですよ。

ピンサロ求人サポート トップ一覧に戻る>

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • line

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • フォーム
  • line

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お持ちの身分書※

※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため、年齢や卒業を証明できるものを確認しております。

面接希望日時
お問い合わせ詳細
年齢確認 あなたは現在、18歳以上ですか?
※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため確認しております。

トップへ戻る