お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  1. 生理不順の原因?セデンタリーにご用心!

生理不順の原因?セデンタリーにご用心!

特集コラム2017/03/29 18:49

生理不順の原因?セデンタリーにご用心!

対人関係のストレス、運動不足、睡眠不足、冷え、食べ過ぎ、生活習慣の乱れ。

お仕事の疲れから、運動していない日々が続いていませんか?

あなたの体の不調は、そうした日常の中のちょっとした悪い習慣が原因となって現れているのかもしれません

とりわけ、女性にとって重要な生理は、そうした小さなダメージに左右されてしまうんです。

とてもデリケートな部分だからこそ、日常のストレスを回避する必要がありますよね。

今回注目したいのは、その中でもささいなことに見える『座りっぱなし』。

セデンタリー・ライフスタイルと呼ばれる状態についてご紹介します。



セデンタリー・ライフスタイルとは

セデンタリー・ライフスタイルとは、長いあいだ同じ姿勢で座り続けることで、様々な体の不調が引き起こされる状態を指します。

ずっと同じ姿勢でいると太い血管が集まる太ももを圧迫したり、肩こりをはじめ、首や腰に負担がかかり、痛みを感じますよね。

こうした座りっぱなしによって蓄積されたダメージは馬鹿に出来ません。

血管は酸素や栄養分のほか、老廃物など不要なものを運ぶ大切な役割を担っていますよね。

そんな血管を圧迫し続けていると、むくみや冷えの原因になりますし、にきびや肌荒れなど美容にも悪い影響を及ぼします

座り続けることで体が受けるダメージは深刻で、年齢を重ねるとともに少しずつ体力を奪っていき、心筋梗塞や糖尿病、腰痛を引き起こします。

セデンタリーが死を引き起こす現象は、セデンタリー・デス・シンドロームと呼ばれています。



セデンタリーは生理不順を引き起こす?

座っているときの姿勢は太ももだけではなく子宮も圧迫しています。

子宮にとって良くないのは、長時間座りっぱなしでパソコンなどの強い光を見ていることだと言われています。

まず、強い光によって脳の視床下部がストレスを受けてしまい、ホルモンバランスが崩れます。

そして、血管や臓器を圧迫したままの姿勢をとりつづけることが子宮に負担をかけてしまい、生理不順の原因になることも。



セデンタリー・ライフスタイルからぬけ出すには

座りっぱなしでパソコンやスマートフォンをいじったりしていませんか?

気づいたら三時間も同じ姿勢でいた!なんてことが続くと、体に負担がかかってしまいます

セデンタリーの状態が続くことをセデンタリー・ライフスタイルといい、将来、病気にかかるリスクが跳ね上がると言われています。


セデンタリーを避けることで血流がよくなり、痩せやすい体をつくることができます。

ピンサロでは姿勢の転換がありますが、それ以外の日常生活でもこまめに動くよう意識しましょう

まめに動くことは何でも無いように見えますが、かなりカロリーを消費するんです。

一時間に一度は立ち上がって、ストレッチやそうじなど、軽い運動をすることが大切です。

ピンサロ求人サポート トップ一覧に戻る>

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • line

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • フォーム
  • line

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お持ちの身分書※

※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため、年齢や卒業を証明できるものを確認しております。

面接希望日時
お問い合わせ詳細
年齢確認 あなたは現在、18歳以上ですか?
※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため確認しております。

トップへ戻る