お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  1. 治りにくい?カンジダの原因と対処法

治りにくい?カンジダの原因と対処法

特集コラム2017/02/16 17:08

治りにくい?カンジダの原因と対処法もしもあなたがデリケートゾーンにかゆみを感じたら、カンジダを疑ってみてもいいかもしれません。

カンジダ菌とはもともと私たちの体に住んでいる常在菌です。

元気で健康なときは乳酸菌がカンジダ菌の働きを押さえてくれますが、なんらかの原因で体の免疫力が下がると、一気に活発になります。

その結果、デリケートゾーンや口内に炎症を起こしてしまうのです。


カンジダは再発を繰り返しやすいため、なかなか治らずに悩んでいる方も多いですよね。

また『性交渉によってうつる性感染症である』という誤解を受けやすく、身近な人に相談しにくい病気でもあります。

しかしカンジダが発症する原因のほとんどは免疫力の低下と言われており、性交渉で感染するケースはごくわずか

今回はそんなカンジダの症状と原因、対処法をご紹介します。



症状

>①外陰部の強いかゆみ、痛み

②酒粕やカッテージチーズのような、ボロボロしたおりもの

③口内炎・口角炎



原因

①免疫力が低下している

健康で体内環境が正常に保たれているときは大人しいカンジダ菌。

しかし、免疫力が低下すると途端に活発になり、強いかゆみや痛みを引き起こします。

いつも体の中にある菌なので、一度は治ったとしても、免疫力が低下するたびに症状が再発するケースが多いです。

免疫力低下の原因としては、疲労やストレス、不規則な生活習慣、寝不足などがあげられます。


②入浴など、公共施設で感染する

まれにですが、温泉など不特定多数の人が使用する公共の施設で感染することもあります。


③性交渉によって感染する

全体からみればごくわずかとはいえ、性交渉による感染もありえます。

この場合、パートナーとのピンポン感染(うつしあってしまうこと)を防ぐ必要があります。

双方とも病院を受診し、治療が終わるまで性交渉をするのはやめましょう。



対処法

『もしかしてカンジダなのかも?』と感じるような症状が出たときは、必ず婦人科で適切な処置を受けましょう

自分でできるカンジダの対処法としては、以下のことがあげられます。

カンジダに繰り返しかかっている女の子も、予防策として取り入れてみては。


・スポーツやカラオケなど、趣味でストレスを発散する

・規則正しい睡眠をとる

・アルコールや甘いものをとりすぎている人は控える

・魚類や野菜を中心とした食生活を意識する

・外から帰ってきたときに手荒い・うがいをする

・シャワーだけですませず、お風呂にゆっくり浸かる

・性行為の後はすぐにお風呂に入る



職業柄、ピンサロ嬢の女の子はカンジダにかかりやすいですよね。

自分の体のメンテナンスは忘れずに、ストレス発散を意識しながらがんばりましょう。

ピンサロ求人サポート トップ一覧に戻る>

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • line

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • フォーム
  • line

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お持ちの身分書※

※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため、年齢や卒業を証明できるものを確認しております。

面接希望日時
お問い合わせ詳細
年齢確認 あなたは現在、18歳以上ですか?
※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため確認しております。

トップへ戻る