お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  1. 梅雨のトラブルを防ごう!

梅雨のトラブルを防ごう!

特集コラム2016/06/29 10:30

梅雨梅雨の時期は天気もじめじめしていてスッキリしませんよね。
実はそのじめじめと同様に梅雨の湿気によるお肌のトラブル、髪のトラブルが発生します。<br> 今回はそんなトラブルを防ぐための方法をご紹介します!

梅雨の湿気によるお肌への影響は?

梅雨の時期になると化粧のノリが悪くなったと感じたことはありませんか?実はその原因は梅雨にあるかもしれません。梅雨の湿度は70%以上にもなると言われていて、その湿気により蒸し暑く汗もかいてしまいます。その汗によってお肌が脂っぽい肌になり、ニキビや肌荒れなどのトラブルにつながっていくので、そうなる前に対策をしていきましょう。
梅雨のお肌の正しい向き合い方としては、保湿ケアをしっかりとしてお肌を休ませてあげることです。湿度が高いから保湿なんてしなくてもいいんじゃないの?…と思われがちですが、実は梅雨の時期は皮脂分泌が過剰になるので毛穴を皮脂で塞いでしまいます。そうなってしまうと皮膚は呼吸できなくなるので肌バリア機能の低下を招いてしまい、保湿ができないお肌へとなってしまいます。
一見保湿が十分に見えるかもしれませんが、実は肌の水分はカラカラに乾いている可能性も考えられるので、お風呂上がりなどの保湿ケアをしっかりと行うことが大事です!

梅雨による髪への影響は?

雨の日にはどうしても髪の毛が広がってしまったり、うねってしまうなんて悩みをお持ちの方も多いのではないかと思います。
髪の毛がうねってしまう原因で考えられるのが、傷んでしまった髪の毛が余分な水分を含んでしまうからです。人間の髪の毛は紫外線やドライヤーの熱、カラーリングなどをしているうちにどんどん傷んでいきます。その日頃のダメージで傷んでしまっている髪に雨の水分を含んでしまうと、髪の毛が余分な水分を含んでしまうため広がってしまいやすくなるのでしょう。
また、これはお風呂上がりの髪なども同様で、濡れた状態の髪のまま就寝したり、濡れた髪のままブラッシングしてしまうことも髪が傷んでしまうことになるのでNGですよ!

梅雨こそ紫外線対策をしなければいけない?

梅雨は太陽が降り注ぐというイメージがないので紫外線とは無縁!…と思ってはいませんか?
梅雨の紫外線は真夏と匹敵するとも言われていて、UV-Aと呼ばれる有害な紫外線が降り注いでいるので、シミやソバカスを作ったり肌の老化も早めてしまいます。
梅雨の時期の紫外線対策としては、日焼けクリームを塗る、洋服は紫外線を通しづらいと言われている黒系統の服をチョイスすると良いです。
曇りや雨だからといって気を抜かないようにして、梅雨の時期からお出かけの際は紫外線対策を怠らないことでお肌を守れます!

いかがでしたでしょうか?
梅雨の時期のトラブルを乗り越えて夏を迎えましょう!

ピンサロ求人サポート トップ一覧に戻る>

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • line

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • フォーム
  • line

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お持ちの身分書※

※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため、年齢や卒業を証明できるものを確認しております。

面接希望日時
お問い合わせ詳細
年齢確認 あなたは現在、18歳以上ですか?
※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため確認しております。

トップへ戻る