お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  1. 寝過ぎには注意しよう!

寝過ぎには注意しよう!

特集コラム2016/05/12 10:36

寝過ぎ寝過ぎには注意しよう! つい時間があると寝過ぎてしまってはいませんか?
寝過ぎは美の大敵でブスの元と言われています。
健康な生活を送ることにとって睡眠はとても大事ですが、逆に寝過ぎてしまうことは健康や美容にデメリットなんです!
せっかくの休日なんだから・・・と言って寝溜めすることもこれに当たるので、決まった時間に寝て、決まった時間に起きることを心がけて健康的な睡眠を目指しましょう!

寝過ぎは太る!

よく寝過ぎは太る…と言われていると思いますが、その原因は成長ホルモンが崩れてしまうことにあると言われています。
エネルギーを消費する成長ホルモンが乱れてしまうと、脂肪の燃焼が少なくなるので太りやすいカラダへとなってしまいます。
寝ている間は何も食べないので、痩せると勘違いしている人もいるかと思いますが、実は長時間寝ることは肥満の対象となってしまうので寝過ぎには気をつけるようにしましょう。

肌にも影響が出てくる

睡眠をしっかりとることは肌にとってとても大事なことですが、たくさん寝れば良いということではありません。
大切なのは睡眠の量よりも質の方で、寝過ぎてしまうことによって体内時計が狂ってしまい、その結果肌にもダメージを与えてしまうことになります。
よく寝すぎた次の日に顔がむくんでしまうことがあると思いますが、睡眠の摂りすぎはそれと同様で肌にとっても良いことは無く、化粧のノリが悪くなったりと肌のダメージが増える一方です。

冷え性を引き起こして生理不順にもなる

寝ている間は長時間体を動かさないでいるので、血行不良を起こしてしまいます。
それも長時間寝るとなると血行不良になる可能性は高くなり、その結果冷え性になりやすいです。
血行不良はカラダの冷えだけでなく、頭痛や肩こりにもつながってくるので、健康にも悪影響を与えてしまいますし、長時間寝ることにより、自律神経が乱れてしまうので女性ホルモンのバランスも崩れやすくなってしまいます。
女性ホルモンが崩れると生理不順の原因にもなってしまうので寝る時間を調整することはとても大事なのです。

寝る時間はどのくらいが理想?

理想的な睡眠時間は6~8時間と言われています。
成長ホルモンが多く分泌されるゴールデンタイムと呼ばれる時間は22時から深夜2時なので、その時間帯には眠りについていることが一番理想的です。
このゴールデンタイムに寝ることは、美肌にとても効果があると言われているので、できるだけこの時間を狙って就寝すると良いです。
また食事は寝る3時間前までに済ませておくようにして、寝る時間と起きる時間は毎日同じ時間ということが一番望ましいです。 睡眠は人間にとってすごく大事なことですが、寝すぎは良くないので注意するようにしましょうね!

ピンサロ求人サポート トップ一覧に戻る>

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • line

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • フォーム
  • line

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お持ちの身分書※

※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため、年齢や卒業を証明できるものを確認しております。

面接希望日時
お問い合わせ詳細
年齢確認 あなたは現在、18歳以上ですか?
※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため確認しております。

トップへ戻る