お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  1. 夏はスイカ割りで楽しもう!

夏はスイカ割りで楽しもう!

特集コラム2016/08/03 10:30

スイカ割り夏と言ったらスイカ割り!スイカ割りは古くから楽しまれているもはや夏の風物詩ともいえる遊びの一つです。
スイカ割りの起源は遠く昔にあり、京都の地主神社にある「恋占いの石」に目隠しして10m離れたところから辿り着くと、恋が成就するというものから始まったと言われています。一般的に夏のスイカ割りと言ったら、海などの砂浜でやることが多いですが、海でやらなければいけないという決まりはないので、家の庭などでも楽しむことができます♪今回はそんなスイカ割りの楽しみかたについてご紹介します!

スイカ割りの基本的なルール

スイカ割りは、海の神様にスイカを捧げ、開運と遊泳の安全の願いが込められている遊びです。
日本の夏の風物詩とも言えるスイカ割りの基本的なルールをご紹介します。
まず、スイカとスイカを割る担当者との距離は5m以上7m以内に調整し、その後スイカを割る人は自分でくるくると回転して方向感覚を失くしてから、スイカの場所を感覚的に探して割るというゲームです。割る人の持ち時間はおよそ1分30秒~3分程度(自分たちで決めると良いです)で、方向感覚を失くすためにくるくると回転するわけですが、これには潜在能力を発揮させるという意味も含まれており、海の神様との対話が深まるようにという考えから、くるくると回って方向感覚をあえて失くしていると言われています。
また、スイカ割りの棒は何回も振って良いというわけではなく、基本的に3回までなので、しっかりと自分の神経を研ぎ澄ませて棒を振るようにしないと”失敗”となってしまいます。

スイカ割りに必要な道具とは?

スイカ割りの際に必要な道具は、スイカ、木刀、アイマスク、ブルーシートです。
スイカを割る棒に関しては、海に落ちている流木や野球バットなどでも代用できるので、とりあえずスイカを割ることができるくらいの重さのものを用意してください。
また、ブルーシートを引かずにスイカ割りをしてしまうと、スイカが砂まみれになってしまうので、必ずスイカ割りをする際はブルーシートを引くようにし、スイカを割った後のスイカを美味しく食べることができるように準備をしておきましょう!
ゴミ袋なども用意しておけば、そのままスイカの残骸をゴミ袋に入れることができるので面倒が省けますよ!

いかがでしたか?
スイカ割りが昔からやられている遊びということには、しっかりと歴史や意味も含まれています。
大人数でビーチパーティーなどをする際には、スイカ割りセットを持ってスイカ割りを楽しんでみると昔懐かしい気持ちにもなれると思うのでオススメですよ!

ピンサロ求人サポート トップ一覧に戻る>

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • line

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • フォーム
  • line

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お持ちの身分書※

※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため、年齢や卒業を証明できるものを確認しております。

面接希望日時
お問い合わせ詳細
年齢確認 あなたは現在、18歳以上ですか?
※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため確認しております。

トップへ戻る