お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  1. 冬場に急増!寒冷じんましん

冬場に急増!寒冷じんましん

特集コラム2016/01/26 10:30

寒冷蕁麻疹この時期に急増するのが、寒冷じんましんです。ピンサロ嬢の間でも、じんましんにより かゆみなどの辛い症状を訴える人が多いようです。
寒冷じんましんとは、どういうもの なのか?予防法は、何なのか?今日は、寒冷じんましんにお悩みのピンサロ嬢に、 色々お教え致しましょう!

寒冷じんましんとは??

寒冷じんましんは冷たい水や風のように体温よりも低い物質に触れたり、温められた 体が冷やされたことで発症します。
基本的には冬場に発症しやすいですが、エアコンの 冷風などが原因で夏場でも寒冷じんましんになります。
寒冷じんましんは皮膚が赤くなり、鳥肌に似たわずかな腫れとかゆみが起こることが 特徴です。
放置すると症状が悪化することもあれば、悪化せずにたまに出る程度で 留まることもあります。
体が急に冷たくなるたびに皮膚に発疹が出現したり、 温かいところから寒いところに移動するとかゆみが出てしまう人は、寒冷じんましんの可 能性が高いです。
激しい温度変化が、血管の周辺にある肥満細胞を刺激することで ヒスタミンが放出され、そのヒスタミンが血管内の血漿を外に出すため、皮膚に 赤みを帯びた膨らみができます。
冷房器具にあたったあとや入浴後の急激な冷え込み のように、寒冷による刺激で体温低下を引き起こし、温度差が生じることが原因です。
他にも朝起きてから、素足でフローリングに触れると足の周りにじんましんができたり、 冬に外出すると顔が腫れたり、冷たい風が触れた皮膚が赤くかゆくなることも、 寒冷じんましんの例によくあげられます。 はじめは肌がピリピリする程度ですが、次第に症状は悪化して、次第にかゆみが 取れなくなることもあります。
寒冷じんましんが発生した箇所をかいてしまうと、 かゆみが発生したり、じんましんが広がることもあります。
一時的にその周辺は 温まりますが、すでにあるかゆみを刺激が炎症させます。

寒冷じんましんにならないために

ピンサロ嬢の皆さんは、以下の事を気を付けるようにしましょう。
1.冷たい飲みものや食べ物を食べ過ぎないように 生しないようにしましょう。
2裸足で冷たいフローリングを歩かないようにしましょう
3温かい服装を心がけましょう
4冷たい風に当たらないように注意しましょう
5温まった状態で冷たい場所に移ると、かゆくなるので注意しましょう
寒冷じんましんが起こりやすい例原因が寒冷と判明されているために、寒冷を避けること が寒冷じんましんの予防法になりますが、具体的には体温の急激な変化を抑えることが 大切です。
寒さと乾燥は肌に刺激を与えるため、冬の屋外では体を極端に寒くさせない ように、暖かさを感じるくらいの服装を着るようにします。
冬場は入浴後の脱衣場で寒冷じんましんが発症しやすいので、浴室と脱衣場をよく温め ます。お風呂でも体を十分に温めて、上がったあとは素早く着替えて、体温の低下を 防ぎましょう。
寒冷じんましんができやすい人は、エアコンやドライヤーなどの冷たい 風が原因になりますので注意しましょう。旅行先では冬の露天風呂も温度差が極端で あるために気を付けたいです。

高収入ウォーカー トップ一覧に戻る>

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • line

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • フォーム
  • line

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お持ちの身分書※

※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため、年齢や卒業を証明できるものを確認しております。

面接希望日時
お問い合わせ詳細
年齢確認 あなたは現在、18歳以上ですか?
※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため確認しております。

トップへ戻る