お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  1. 体重の割に細く見えない理由4つ

体重の割に細く見えない理由4つ

特集コラム2017/03/01 18:18

体重の割に細く見えない理由4つ『頑張ってダイエットして体重は減らせたけど、見た目は前とそれほど変わらない』『同じ身長・体重の友達よりずっと太って見える』。

ダイエット中、そんな現象に悩まされることってありますよね。

身長と体重からイメージされるような体型よりも太って見えたりしていれば、モチベーションも続きません。

今回は、体重の割に細く見えない理由をご紹介します

どうすれば健康的に引き締まった体になれるのか、理由ごとに対策法も書いていきます。

『体重はじゅうぶん軽いのに、見た目からはそうとわからない』体質に悩んでいる人は参考にしてみてください



その1 筋肉がない

『体重の軽さに反して見た目は太って見える現象』の原因として第一に考えられるのは、運動不足です。

よく言われているように、脂肪は筋肉より密度が低くなっています。

同じ体重でも、脂肪を多く蓄えている人は、筋肉を多く蓄えている人よりも太って見えることになります

これを解消するには、体脂肪率が20%を下回るまでトレーニングするのがおすすめです。

(※体脂肪率15〜17%の成人女性は、身体機能に支障が出やすくなります。落とし過ぎには注意しましょう)


筋トレと有酸素運動を組み合わせることで、しつこい脂肪やセルライトを落とせます

たくさん運動をすると、筋肉が肥大化して筋肉太りになってしまうのでは?と不安になってしまいますよね。

しかし、筋肉太りになるほどの筋トレは、プロのボディビルダーでも難しいのです。

それほど運動しないにもかかわらず筋肉太りに悩んでいる人は、むくみやセルライトを筋肉太りと誤解しているのかもしれません



その2 骨格がしっかりしている

骨格の作りがしっかりしていると、やせ形でも華奢な印象にはならないことが多いです。

肩幅が広かったり、首や手首足首ががっしりしている女性は着太りしやすく、体重に反してがっしりしたイメージを持たれがち。

特に身長が高い人は肩幅の広さに悩むこともありますよね。

そんな人は洋服やアクセサリーで見せ方を変えてみましょう。

縦長や引き締め色など視覚的な効果を使い、しっかりした骨格が引き立ち、魅力的に見えるスタイルを探してみましょう



その3 むくみやすい体質

下腹も二の腕もプヨプヨで、むくみがひどい。

やっかいなむくみに悩むあなたには、お風呂でマッサージすることをおすすめします。

むくみがひどい時は、冷えや運動不足などが原因で血流が滞り、水分をうまく排出できない状態になっています

お腹周りや脚を温めたり、利尿作用のあるコーヒーや紅茶を飲んで水分を排出するのもおすすめです。



 その4 認知が歪んでいる

平均的な数値から大きく外れるほど低い体重であるにもかかわらず、もっと痩せたいと考えている。

そんなあなたは、認知の歪みを抱えているのかもしれません。

家族や友人、同僚など周りの人に心配されるような低体重の状態が続いているのであれば、今の精神状態を見直しましょう

『なぜ痩せたいと思ったのか』『本当にそこまでしなければならないのか』を考え直すことで、ダイエットに歯止めをかけられるかもしれません。

自分だけでダイエットを止めるのは難しいと感じていたら、心療内科を受診することも考えましょう。

過度なダイエットを続けると、健康に被害が出る可能性があります。

体重・体脂肪率ともに、落とし過ぎには注意しましょう



いかがでしたか?体重の割に細く見えない理由をご紹介しました。

誰でもあと一歩のところで落ちてくれないお肉が気になってしまうもの。

とりわけピンサロのように他人から見られるお仕事をしていると、体型維持のためにダイエットを頑張りがちです。

しかし、一番大切なのは健康な体だということは忘れないようにしましょう。

ピンサロ求人サポート トップ一覧に戻る>

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • line

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • フォーム
  • line

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お持ちの身分書※

※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため、年齢や卒業を証明できるものを確認しております。

面接希望日時
お問い合わせ詳細
年齢確認 あなたは現在、18歳以上ですか?
※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため確認しております。

トップへ戻る