お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  1. 仮眠の効果

仮眠の効果

特集コラム2016/01/29 10:30

昼寝昼夜忙しく働いている方にとって、ちょっとした仮眠は心地よいものです。
そして、適度な仮眠は頭をすっきりとさせ、仕事の効率にもとても影響してきます。
疲れているときこそ無理せず、仮眠をとるようにしましょう!
本日は、仮眠を取る際のコツをお教えいたします。

仮眠のとは??

仮眠とは短時間の睡眠を取ることです。
一般的に一日7~8時間の睡眠が必要と 言われていますが、満足な睡眠時間を得られない場合にそれを補足する形で仮眠を 取ったりすることで、とても頭がすっきりしたりすることがあります。
忙しく働いている人こそ仮眠をとることを おすすめします。 しかし、仮眠をとるにもコツがあるようですので、それをご紹介 致します。
仮眠は、15分程度の短時間でも効果があり、むしろ短時間の方が良いと されている。
この短時間でも、疲労回復は十分にすることができます。
30分以上の仮眠をすると、「睡眠慣性」が強くはたらき、起きた後もしばらく眠気が 続いてしまう。短時間でも十分に疲労回復することができます。
逆に長く寝すぎてしまうと本来の仕事効率が戻るまでに時間がかかってしまいます。
毎日90分以上の仮眠を取っている人は、30分以下の仮眠を取っている人に比べて病気になりやすいので、気を付けましょうね。

仮眠をとるコツ

実際どんな風に仮眠をとればいいのかわからない方のために、コツをお教えいたします。

①座った姿勢で仮眠をとる

ソファーに横になるよりは、座ったままの姿勢の方が良いとされています。
昼寝で最も大切なのは浅い睡眠にとどめることです。昼寝を浅い睡眠にとどめるには、 まずは姿勢が大きなポイントになります。
イスに座って、机にうつ伏せになった姿勢で 昼寝をしましょう。

②お昼寝グッズを活用する

リラックスして寝るためにお昼寝グッズを使う。

③昼寝前にカフェインを摂取

昼寝の前にカフェイン類の入った飲み物を飲むと、スッキリ目覚めることができる。
コーヒーや日本茶などは飲んで20分後ぐらいから覚醒作用が現れるので、昼寝を 終えて起きるころと同じくらいに効いてきます。
コーヒーが苦手であれば、ココアや緑茶、ウーロン茶、コーラなどでも大丈夫です。

④目が覚めたら日光を浴びたり、軽い体操をする

⑤目覚めたら1分間日光を浴びる。

目覚めた後、頭をスッキリさせるためには、2,000ルクス以上の光を、1分間程度 浴びるのが良いとされています。
晴れている日であれば、室内にも2万ルクスほどの 日光が届くようです。昼寝から覚めたら、窓際で1分ほど過ごしましょう。
いかがでしたか?上手な仮眠をとることで、効率よく仕事をこなせることが分かったと 思います。ぜひ、皆さんも試してみてくださいね。

ピンサロ求人サポート トップ一覧に戻る>

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • line

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • フォーム
  • line

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お持ちの身分書※

※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため、年齢や卒業を証明できるものを確認しております。

面接希望日時
お問い合わせ詳細
年齢確認 あなたは現在、18歳以上ですか?
※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため確認しております。

トップへ戻る