お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  1. 三月三日限定!ひな祭りが由来の食べ物

三月三日限定!ひな祭りが由来の食べ物

特集コラム2017/02/14 19:33

三月三日限定!ひな祭りが由来の食べ物二月も中旬にさしかかってきました。もうすぐひな祭りですね。

『ひな祭りにちなんだ食べ物』と言われて思い浮かぶものといえば、定番のちらし寿司などが多いですよね。

しかし実はそれ以外にも、ほとんど知られていない伝統の『ひな祭り食』があるのです

定番からマイナーまで、ひな祭りに食べたい春の食べ物をまとめてみました。



一、雛あられ

日本全体に深く根づいている雛あられ。

こちらはコンビニやスーパーなどでもよく売られている、定番中の定番ですよね。

手を汚さず、気軽に食べられるのが特徴で、パステルカラーのかわいらしい米菓子です。

この雛あられにも由来があるんです。

お雛様はもともと紙で作った身代わり人形であり、子どもに降りかかる災厄を肩代わりしてもらうため、川などに流すものでした。

雛あられというお菓子は、そんなお雛様に捧げるごちそうとして作られたものだそう

もともとは菱餅を煎って作ったという説もあります。

まさにひな祭りらしいお菓子ですね。



二、はまぐりのお吸い物

『はまぐりのお吸い物、イコール、お雛祭り』という人は、なかなかいないのではないでしょうか。

貝のだしが美味しいお吸い物ですが、これにも味だけではない由来があるんです

平安貴族などの遊びに『はまぐりの貝合わせ』という、神経衰弱に似た遊びがあります。

同じ貝でなければぴったりと合わないはまぐりを合わせる遊びですが、この『同じ貝でなければ合わない』というのがポイントなんですね。

はまぐりのお吸い物は、『はまぐりのように、ぴったりと合う伴侶を見つけられますように』という願いがこめられています。

心も体も温まる雛祭りメニューなのです。



三、雛そば

雛そばは、桃色、うす緑、白の三色に色づいたそばのことです。

持ちと同じこの三色にはそれぞれ『桃色は、桃の花と魔除け』『うす緑は、萌える野原』『白は、清浄な雪』を指します

冬を乗り越えた後にやってくる暖かい春という季節と、わが子の健康を祈って作られたものです。

おそば屋さんで見かけたら、食べてみてはいかがでしょうか。



四、桃花酒(白酒)

リキュールのような白酒は、江戸時代に生まれたお酒です。

甘酒とは異なり、度数もやや強い仕上がりになっているよう。

そして桃花酒とは、白酒に桃の花びらを浮かべたものです。

当然ながら子どもは飲めませんが、春の到来を祝うひな祭り気分を味わいたい大人にはおすすめです。



三月三日のひな祭りは子どもの健康を祈る伝統のお祭り

ここ数年は押し入れの中にしまいっぱなしだという人や、そもそも飾る習慣がなかったという人も、今年はお雛様を飾って楽しんでみては。

ピンサロ求人サポート トップ一覧に戻る>

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • line

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • フォーム
  • line

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お持ちの身分書※

※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため、年齢や卒業を証明できるものを確認しております。

面接希望日時
お問い合わせ詳細
年齢確認 あなたは現在、18歳以上ですか?
※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため確認しております。

トップへ戻る