お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  1. リオ五輪まっただ中!話題のジカ熱ってピンサロのお仕事でも感染するの?

リオ五輪まっただ中!話題のジカ熱ってピンサロのお仕事でも感染するの?

特集コラム2016/08/11 14:00

gahag-0083345777-1 現在、世界のトップアスリートの熱い戦いが繰り広げられているブラジルを中心に中南米で流行している「ジカ熱」

ジカ熱とは主に蚊が媒介するウイルス感染症で、7月中旬で42万人の感染者が確認されており、世界保健機構が非常事態を宣言する程の世界的流行が懸念される事態になっています。 リオ五輪の開催により流行地域との行き来が増え、日本も含め世界的に爆発的に感染が広がる恐れがあります。

実はこの病気、感染しても8割の人は何も症状が現れません。 残り2割の人の症状も軽度の発熱、関節の痛み、だるさ、頭痛など風邪の初期症状のような症状が出る程度で1週間程で自然治癒し、ジカ熱による直接的な死者は今の所確認されていません

では、ジカ熱の何が恐ろしいんでしょうか?

1つはウイルスを持つ蚊に刺される事による感染だけでなく、性的接触でも感染が確認されている事(性行為感染) 内容はショッキングですが、こちらの確認例はまだ国外でのほんの数例のみであり、日本国内では確認されていません。 つまり性的接触での感染は42万人の感染者数の内たった数例のみと、この経路の感染の確率は限りなく低く、しかも現状流行の兆しが見えていない日本国内での性的接触では、まず罹らないと言っていいでしょう。

もう1つは妊婦が感染した場合に、新生児の小頭症等の先天性障害を引き起こす可能性が強く疑われている事(母子感染) ブラジルでは5千件以上、ジカ熱母子感染によるものと思われる小頭症が報告されています。 世界保健機構の非常事態宣言も、ジカ熱自体よりもこの母子感染によると思われる小頭症の増加への注意喚起が目的なのかも知れません。

まとめると・・・

感染経路のほぼ全てが蚊に刺される事による感染で、性的接触による感染の可能性は限りなく低いので、お仕事での感染には神経質になる必要はないでしょう。

ただし妊娠中やその可能性がある方、またこれから妊娠を予定している方は、どうしても気になるなら出産までは風俗のお仕事は見合わせたり、エステやオナクラなどの体液の接触が少ない仕事にした方が安心は得られるかも知れません

今の所は日本国内にとどまっている限り、取り立てて予防や対策の必要性は高くありません。 ですが、リオ五輪による世界的な人の往来の増加により日本でも急な爆発的流行の可能性もありますので、ニュースなどで随時情報のチェックはしておいた方が良いでしょう。

もしも流行地に行く方は現地で感染しないように、また流行地から帰国する方は万一感染していても自分が感染源にならぬよう、滞在中から帰国後もしばらく虫よけスプレーを使用し、肌をなるべく露出しない服を着用し、蚊に刺されぬようしっかり対策をとってください。 また、帰国後に熱っぽいなど疑わしい症状が出た場合、風邪だろうなどと軽く見ず早めに医療機関で診察を受けてください。

ちなみに厚生労働省のHPでは性的接触による感染防止策として、流行地から帰国し疑わしい症状が出た者は男性で6ヶ月、女性で2ヶ月、性的接触を控えるかコンドームを着用し、相手が体液に触れないように工夫する。また妊娠を希望する女性は8週間は避妊するよう勧めています。

ピンサロ求人サポート トップ一覧に戻る>

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • line

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • フォーム
  • line

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お持ちの身分書※

※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため、年齢や卒業を証明できるものを確認しております。

面接希望日時
お問い合わせ詳細
年齢確認 あなたは現在、18歳以上ですか?
※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため確認しております。

トップへ戻る