お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  1. マイナンバー制度について

マイナンバー制度について

特集コラム2015/11/03 10:30

numberつい最近スタートしたマイナンバー制度についてですが、気になっている女のコも多いのではないでしょうか?
風俗嬢におけるマイナンバーの問題点は、二つあります。

税金関係

一つ目は、税金です。お店は誰にいくら給料として支払ったかを税務署に伝えないといけないのですが、このとき風俗嬢のマイナンバーも必要なのです。
税務申告をしていない風俗店もたくさんあるようですが、これからは監視も厳しくなる可能性があるので、税務申告をきちんとやるようになるかもしれません。税務署側は、風俗店からも税金をとりたいですからね。

自分が働いているお店に調査が入る可能性もあります。
そうするとお店の帳簿やPCの情報などすべてのデータを持っていかれてしまうので、女のコにも色々聞いてくることも。
そのときに貴方が税金を納めていなかったら、支払いを命じられる可能性もあります。
ただどれだけ追微課税をとられるかははっきりわかりませんが。
なので、この問題に関しては税理士さんに相談するのがベスト。
マイナンバー制度は始まったばかりで、正直お店側も税務署側も模索しながら、今後どうやっていくかを決めていくはず。
わからないことは、プロの税理士さんにその都度聞いてみましょう。

身内にバレないか

二つ目は、身内バレです。
身内バレがあるとしたら、年間103万以上の給与収入があると扶養から外れてしまうので、世帯主の税負担が大きくなったりと様々な手続きが発生します。
ただ、今回のマイナンバー制度が直接的に身内バレに結び付くというより、今回のことをきっかけに「なんとなく不安」というコが多いのです。
「なんとなく」だから何をしたらいいかわからない。
そんなそわそわした感じが行動に表れて、身内にバレたなんてことがないようにしてくださいね。
しぐさや金銭感覚、雰囲気や言動などがいきなり変わることのないようにしましょう。
家族はやっぱり貴方のことをよくわかっているから、いつもと違うと敏感に察知します。

まずは正確な情報を

マイナンバー制度が始まったとはいえ、まだ税務署の方針も決まっていないので、今は様子を見つつ、慌てず落ち着いてください。慌てることが、一番危ないのです。
それでも少しでもスッキリしたいというときは、お店の人に聞いたりしてみましょう。
きっと力になってくれるはずです。
不安だからといきなり風俗店をやめても、普通の仕事を見つけるのはそう簡単にはいきません。
結局またお店に戻ってくることになるのだったら、今はそのままお店にとどまり、マイナンバーについて学ぶことが大事。
税金関係も身内バレも心配ではありますが、マイナンバー制度を上手く活用できるようになったらいいですね。

ピンサロ求人サポート トップ一覧に戻る>

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • line

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • フォーム
  • line

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お持ちの身分書※

※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため、年齢や卒業を証明できるものを確認しております。

面接希望日時
お問い合わせ詳細
年齢確認 あなたは現在、18歳以上ですか?
※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため確認しております。

トップへ戻る