お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  1. アゴのたるみには気をつけよう!アゴのたるみ対策とは?

アゴのたるみには気をつけよう!アゴのたるみ対策とは?

特集コラム2016/04/13 10:54

フェイスライン ケアこれといって太ったわけではないのに、どうもアゴ周りに脂肪がついたような気がして、フェイスラインがぼやけて見える…なんていうことはありませんか?
それはもしかすると、アゴのたるみが原因となってしまっているかもしれません。
アゴのたるむことには原因があり、その原因を把握していないとさらにアゴをたるませてしまうことにもなってしまいます。
多くの人はアゴのたるみのケアには無関心でケアしていないと思われるので、正しい改善方法でアゴ周りのフェイスラインをスッキリさせましょう!

アゴのたるむ原因と対策

アゴがたるんでしまう原因にはいくつかの原因があると考えられていて、主な原因としては以下の理由である可能性が高いです。

①アゴの筋力の低下

加齢によって表情筋が衰えてくると、顔全体の皮膚がたるんでしまい、顎周りまで脂肪が落ちてきてしまうので、フェイスラインがたるんでしまう原因となってしまいます。
食事の際に咀嚼回数が少なかったり不十分でないと顎の筋力がどんどん低下してしまうので、食事の際はしっかり噛むようにして食事するようにしましょう。

②口呼吸

口呼吸を続けてしまうと口角や目元が下がってしまい、口周りの口輪筋が鍛えられないために、顔全体がたるんだ印象になってしまいます。
その他、口臭やいびきの原因にもなると言われているので、口呼吸が癖になっている人は、鼻呼吸を常に意識するようにしてみると良いでしょう。
口を閉じているだけでも口角の筋力アップにつながるのでお勧めできます。

③肥満によるもの

体重が増加してくると、皮下脂肪が増えるので、皮下脂肪を支えきれなくなってしまった肌が垂れてくると顎がたるんでしまいます。
肥満によるたるみは二重顎の原因にもなってしまうので、フェイスラインをスッキリさせたい場合は肥満にも気をつけなければなりません。

④表情筋の低下

表情筋は顔の下にある筋肉のことで、人間の顔の細かい表情を作り出している筋肉です。
アゴのたるみはこの表情筋の低下と大きく関係してくると言われていますが、日常生活では30%くらいしかこの表情筋は使われていないとも言われているので、アゴのたるみを防ぐには表情筋を鍛えることがとても重要です。

アゴのたるみ改善法

①日常の姿勢を整える

日常から姿勢が悪く猫背気味の人は、フェイスラインがたるみやすくなってしまうので、姿勢を常に整えるように心がけましょう。 顔は首から背中にかけてリンパでつながっていると言われているので、姿勢を整えて体の内側のインナーマッスルが鍛えられると、アゴのたるみを減少させる効果が期待できます。

②リンパの流れを良くする

リンパの流れが悪くなってしまうと、水分や老廃物が体に溜まってしまいたるみを引き起こしやすいので、たるみを解消するためにはリンパの流れを良くしてあげましょう!
アゴのフェイスラインのたるみには首のリンパを流すことが一番良いとされているので、首筋のリンパを上から下へさするようにして流してあげましょう!さすり方のコツとしては少し痛いと思うくらいの強さで、ゆっくりとさすって流すようにしてあげると良いでしょう。

③しっかりとよく噛む

食べ物を噛む際はしっかりとよく噛んで食べるようにしましょう!
噛む回数が多いほどアゴのたるみを解消する効果が高いと言われているので、硬い食べ物を積極的に食べることがアゴのたるみには良いですよ! いかがでしたか?
アゴ周りは脂肪がつきやすく、また落としづらいと言われていて、顔の部分の中で最も脂肪が厚いと言われている部分です。
そのためケアは多少難しい部分だと思いますが、しっかりとした対策を行えば次第にフェイスラインがはっきりしてくることが望めます。

ピンサロ求人サポート トップ一覧に戻る>

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • line

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • フォーム
  • line

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お持ちの身分書※

※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため、年齢や卒業を証明できるものを確認しております。

面接希望日時
お問い合わせ詳細
年齢確認 あなたは現在、18歳以上ですか?
※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため確認しております。

トップへ戻る