お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  1. 『エコール』監督が新たに描く悪夢『エヴォリューション』

『エコール』監督が新たに描く悪夢『エヴォリューション』

特集コラム2016/11/14 17:55

『エコール』監督が新たに描く悪夢『エヴォリューション』森に囲まれた学園で暮らす少女たちをミステリアスに描いた映画『エコール』

ガールズムービーの中でも一線を画す独特の魅力を持ったこの作品は、サン・セバスチャン国際映画祭最優秀新人監督賞をはじめ多くの賞を受け、日本でも公開当初から現在にいたるまでカルト的な人気を集めています。

そんな『エコール』のメガホンをとったルシール・アザリロヴィック監督が、最新作の日本公開に合わせて来日しました。日本でアザリロヴィック監督の作品が上映されるのは実に10年ぶりです。

多くのファンが心待ちにしていた公開間近の映画『エヴォリューション』。一体どんなストーリーなのでしょうか?



あらすじ

『エヴォリューション』の舞台となるのは美しい海に囲まれた孤島

そこにいるのは主人公のニコラを始めとした10歳くらいの少年たちと、母親を含めた大人の女性たちだけでした。

一見平和な島の中で淡々と暮らす彼らですが、少年たちは一人残らず目的の知れない医療行為を受けさせられています。なぜ打たれるのか分からない注射、夜になると海へ出かけていく女性たち、エヴォリューション(進化)の意味、島に集められた少年の末路。

自分を取り巻くさまざまな秘密を解き明かしたいと思い立ち、決心したニコラは母親のあとをつけてしまいます。物語には次第に影が落ちていき、少年たちは悪夢にも似たグロテスクな真実に触れることに……。



『エヴォリューション』の見どころは?

この映画の見どころは、一度体験したら抜け出せない、不気味かつ洗練された世界観そのものです。

子どもと世話役の女性しかいないという『エヴォリューション』の舞台設定が『エコール』を彷彿とさせるように、タイトルや設定が異なっていても、アザリロヴィック監督の作品からは共通した世界観を見てとることができます。

独特の雰囲気をもっと深く楽しみたい方には『エヴォリューション』と併せて上映される短編映画『ネクター』がおすすめ

計算しつくされた繊細な映像と、目が離せないストーリー展開を目一杯味わえます。



まとめ

過激なテーマを扱った問題作で有名なフランス映画監督、ギャスパー・ノエの妻でもあるアザリロヴィック監督。

彼女の作り出す美しい悪夢の中で、少年たちが得たエヴォリューションとはなんだったのか?気になる方はこの機会にぜひ劇場で確かめてみてくださいね。

特に『エコール』ファンの方、映像美を堪能したい方は必見の映画です。

『エヴォリューション』は2016年11月26日、渋谷アップリンク、新宿シネマカリテ、横浜シネマ・ジャックから全国に順次公開されます。

お仕事や勉強で忙しいピンサロ嬢の方も、たまには息抜きに映画を見に行ってみませんか?

ピンサロ求人サポート トップ一覧に戻る>

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • line

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • フォーム
  • line

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お持ちの身分書※

※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため、年齢や卒業を証明できるものを確認しております。

面接希望日時
お問い合わせ詳細
年齢確認 あなたは現在、18歳以上ですか?
※18歳未満の方と高校生のご応募をお断りしているため確認しております。

トップへ戻る