お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  1. 憂うつな梅雨のお客こそ大事にしたほうがいい!?

憂うつな梅雨のお客こそ大事にしたほうがいい!?

特集コラム2017/06/12 15:40

ピンサロ梅雨今年もいよいよ梅雨入りを迎え、曇り空や雨の日も増えて来ましたね。
湿気が多くなったり、にわか雨に降られたり、洗濯物がなかなか乾かなかったり……そんなちょっとした面倒も多い季節ですが、ピンサロ業界にはどんな影響をもたらすのでしょうか。

梅雨は客足が遠のく?

ナイトワークをする上で、お客さんが入る時期かどうかを見極めることはとても大切なことです。
客足が伸び悩む時期に鬼出勤したり、集客しやすい時期に出勤しなかったりすれば、稼ぎたい女の子にとってはかなりのマイナスになってしまいますよね。
梅雨の客入りはどうでしょうか。
雨や猛暑など、天候が悪ければお客さんの数は減りますし、一年の中でもお茶を引きやすい時期だといえます。
しかし、出勤しても無駄というわけでは決してありません。
梅雨の時期にもペースを落とさず、本指名を入れてくれるお客さんは、当たり前ですが太客ですよね。
つまり、雨が長引く憂うつな今の季節こそ、お客さんの熱意を見極められる時期なのです。
また、これから通ってくれそうなお客さんを見分けることもできます。

梅雨でも通うお客さんこそ太客

雨の多い時期は、服や髪が濡れる、傘など邪魔になりがちな雨具を携帯しなければいけない、洗濯物が乾かない、カビが生えやすい、日光が当たらないなどの理由から、ほとんどの人がなんとなく憂うつな気分になりがちです。
5月や7月のように晴れの日が多く暖かい時期に比べて、外出したいという意欲はかなり減りますよね。
ところで、ピンサロに来るお客さんは40~50代の人がほとんどの割合を占めているといっても過言ではありません。
その年代は『ミッドライフ・クライシス』と呼ばれる中年期の鬱に見舞われやすいのです。
原因としては、ホルモンバランスや自律神経の乱れ、人生を見直して後悔しやすい時期であることが挙げられます。
自律神経などの乱れには、梅雨の時期に特有の気圧差が関わっていることもよくあります。
つまり、お客さんの大部分が体調を崩しやすくなるのが梅雨なんですね。
もちろん、サービスする側の女の子はなおさら『梅雨の時期は出勤したくない!』と感じる子も多いと思います。
しかし、誰もが憂うつになりがちな時期にもあなたに会いたいと思って来るお客さんは、たとえ使う金額がわずかだったとしても、大切にしましょう。

細いお客さんも多いにこしたことはない

悪天候でも平日でも、さまざまなコストを払ってでもサービスを受けに来るお客さんは大切にしたいですよね。
ただし、一時は通いつめてくれたお客さんも、何かのきっかけで来店できなくなることはよくあります。
一人の太客に頼りすぎず、たくさんの細客を常に抱える意識をもつことが重要です。
また、どれだけ来てくれたとしても、女の子に危害を加えるようなお客さんは受け入れないことを徹底しましょう。
度をこしたクレーム、暴力行為、しつこい店外交渉やストーカーまがいの付きまといなど、ルール違反がみられるお客さんにはきちんとNGを出すべきです。『通ってくれているし、良客に変わるかもしれない』
ルール違反を繰り返すお客さんにはサービスしない。これを徹底することで、働きやすさにつながります。
しかし、そんなルール違反を放置するお店もあります。
女の子からの相談を無視するお店は売り上げしか見ていないことも多いため、従業員に寄り添ってくれるお店へ移籍することをおすすめします。
ピンサロ求人サポートでは、できるだけ女の子の希望に沿ったお店を、無料で紹介させていただきます。
移籍やお店探しなどの相談も常時受け付けておりますので、興味がある女の子はお気軽にご連絡くださいね!

ピンサロ求人サポート トップ一覧に戻る>

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • line

お仕事に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  • tel
  • フォーム
  • line

お問い合わせフォーム

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

トップへ戻る